スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


夫婦の絆
■昨日、母が私に言った。

「テレビ見てるかね? ジェロがすごいよ。ジェロが車を消したよ」

ジェロが。

――セロだろ。
スポンサーサイト

【2009/02/25 12:51】 | 未分類 |


HN師匠 演歌だけでなく、マジックにも手を出したか! >ジェロ

それはそうと「きよしとこの夜」は終わるんだってね。

おかあさん、泣いてるんじゃない?

おきらく銀汰 終わるの!?あそう!(嬉)
私がせっせとDVD作ってやってたんだよ、一個仕事が減るわ♪
おかんはガッカリしてそうだなー(^^;)

コメントを閉じる▲


結婚論
■ひろったのだけど、

********************
ある男が、自分を愛している3人の女の中で
誰を結婚相手にするか長いこと考えていた。

そこで彼は3人に5000ドルずつ渡し
彼女らがその金をどう使うか見ることにした。

一人目の女は、高価な服と高級な化粧品を買い、最高の美容院に行き、
自分を完璧に見せるためにその金を全て使って こう言った。
「私はあなたをとても愛しているの。
だから、あなたが町で一番の美人を妻に持っているとみんなに思ってほしいのよ」


二人目の女は、夫になるかも知れないその男のために
新しいスーツやシャツ、車の整備用品を買って、 残らず使いきる と、こう言った。
「私にとってはあなたが一番大切な人なの。だからお金は全部あなたのために使ったわ」


最後の女は、5000ドルを利殖に回し、倍にして男に返した。
「私はあなたをとても愛しているわ。 お金は、私が浪費をしない、賢い女であることをあなたに分かってもらえるように使ったのよ」



男は考え、3人の中で一番おっぱいの大きい女を妻にした。

**************************
これはいいね(笑) もとは2ちゃんねるらしいですが、これは好き(笑)
途中、「私なら」って真剣に考えたわ。
ちなみに私は、
「まるごと貯金して通帳を彼に返し、「ちゃんと一緒に将来を考えましょう」って言う」
だったんだけど、まさか増やして返すとは(笑)

【2009/02/22 13:20】 | 未分類 |


ボッティチェリの「聖母子と天使」
■いつもの美術館に、ボッティチェリの「聖母子と天使」が来たので観に行きました

いつもなら車でサー!なのですが、赤い流星号がいない今、
自宅から交通機関を使うとなんとバス3本乗り継がないといけないことが判明(`□´;)
そんなメンドイことしてられないので最初の1本分は歩き
(はっ、こうやって私の二万歩は作られているんだと今気づく)
『美術館口』なる停留所で下車したものの――ほんとに美術館『口』で!
「ええー!? ここから歩くのー!?」 と文句を言いつつ遊歩道を歩きました。
5分程度の道程だったけど、ごらんのとーりの山道で(笑)

20090214-1


すっごいマイナスイオンだった!
着いたところで、「こんなはずはない、市立でこれはない!」と思って
スタッフさんに確認したら、やっぱりちゃんと、下から無料シャトルバスが運行されてた(笑)
まぁいいや、思いがけない散歩道だったので♪

■「聖母子と天使(1467-70年)」

20090214-2


私ずっと、「ボッティチェリ~」かと思ってました。伸ばさないのか……伸ばしたほうがいいのに……
フェッシュ美術館http://www.musee-fesch.com/という、私は全然知らなかった美術館から来たんだって。
フェッシュ美術館は、コルシカ島にあるそうです。
あらコルシカ島は知ってるわ。ナポレオンが生まれたとこよ!
ボッティチェリ~が22歳くらいから描き始めたらしい傑作とのこと。
傑作……ああまたしても傑作が解らぬ女、おきらく銀子……(もう自分の名前も解らない)
ヴァチカンでも思いましたが私はどーもボッティチェリ~が好きじゃない。
かわいすぎる!
まぁ、まだプリマヴェラもヴィーナスの誕生も観てないからなんとも言えないんですけど
ウフィツィ美術館には行く機会がなさそうです。ルーブルは絶対行きたいんだけど!
一応、あっちからもこっちからも観てみたけど全然わかんなかった(TmT)
今思ったんだけど私多分、マリアさまが好きじゃないんだわ!(・□・)
友達になれる気がしないというか、傍にいたら絶対いろいろ怒られそう
だけど、マリアさまの話を聞くより、ペテロの話聞く方が楽しそうじゃない!?

■そして案の定好きだったのは
ルカ・ジョルダーノという画家さんhttp://www.salvastyle.com/menu_baroque/giordano.html
聖ペテロの殉教
聖セバスティアヌスの殉教
ともに1660年頃の作品。
私結局カラバッジョに戻るらしく、こういう光と影のある作品が好ききみたい。
対角線上に構図がすごいです。これ近くで見ると顔は銀色なんですよ
その中で、目の赤とかが活きる作品です。
ボッティチェリ~より絶対こっちだろ!と思うんですけど……芸術は難しいのね

■ナポレオンのデスマスクとか、ナポレオンが愛用した銀のスプーンとかの展示もありました。
なんでナポレオンが愛用したってわかるかというと、
スプーンの裏にギッシリ書いてあんのよ、
これはナポレオンが終生愛用したスプーンだぜ!って(笑)書くなよ!!
ということで、ほんと、ボッティチェリ~は
こじんまり、あとはコルシカ祭りだったのでした♪

■フランソワ・ジェラールが描いた戴冠式のナポレオン

20090214-3

これはすごかったな。解りやすかった。何着てるのかが!
仕立て屋さんに頼んで、同じ衣装作れって言っても、仕立て屋さん困らないだろうなってくらい素材が解る(そこ!?)
この人が後にデスマスクのおじいさんになると思うと、ちょっと淋しいけど……

■笑ったのはベネデット・ルティという人の『難破船を救う聖女カタリナ・トマス』
カタリナトマス誰だか知りませんけど、難破船を救うんだよ!?
無理だよ(笑)どんだけ聖女に期待してんだよ
でも絵は、超難破してる船の上で大騒ぎしている男と聖女が描かれていました(^^;)

■ジョバンニ・パオロ・カステッリの鸚鵡と庭の果物という作品も好きだった。
カラバッジョの次に静物画が好きだな!

■職場のB子に「ボッティチェリ~行った?」と訊くと
「行きました。目の描き方がすごいと思いました」って。
まぁ……  |li _| ̄|○ il||li  わっかんねー
「でもそれよりナポレオンの衣装の方がすごかったです。あと、何かの絵に
描かれてたライオン見ました? 茶髪であの顔、超チャラかったですね!」
って言っていて嬉しかった(笑)

【2009/02/14 12:16】 | 未分類 |


HN師匠 >カタリナトマス誰だか知りませんけど、難破船を救うんだよ!?
>無理だよ(笑)どんだけ聖女に期待してんだよ
>でも絵は、超難破してる船の上で大騒ぎしている男と聖女が描かれていました


「みんな、船につかまれー!絶対…絶対 生き抜くのよ~!!」

っていう救い方は無理だと思うけど・・・


「・・・みなさん、恐れを抱く必要はありません。
 みなさんは神のもとに召されるだけです。
 この船はみなさんの魂を運ぶ箱舟なのです・・・」

みたいな意味での「救う」なのでは?


ま、私だったら
「キレイゴト言ってんじゃねぇよ、ボケ!おれは生き抜くからな!」って無視するけど。

銀汰 (爆)
あ、そうか、そっちか!

いやでも私が見た聖女は、真剣勝負してたって(笑)



コメントを閉じる▲


20000歩×13517日の歩み
■ヒデキ感激!!
ならぬ、敬子還暦の宴を催しました。

20090213-1

自分のオカンが還暦……この前まで敬子は34歳だったのに……
美保が生まれたのが、敬子34の時なので、なんか、おかんの34歳の時の印象はすごく残っているのです。
それが60ですよ。そりゃ私も年をとるはずだ
でも、建物でも美術品でも、なにかが生まれて60年って、すごいよね(笑)
つぎは父の還暦です。
そして、このメンツでいえば、なんとその次は私の還暦だ(笑)

■ちなみにプレゼントは
赤いちゃんちゃんこ買っても困ると思ったので
赤いキャミソールにしました(笑)
還暦ってなんか、赤ちゃんに還るって意味らしいけど
今でさえあんななのに、大手を振って還られたらマジ困るわ。
まだまだ頑張っていただきたいです。

で!
私も誕生日だったわけですが(笑)
プレゼントに万歩計をもらいました!(笑)
なんで私が欲しがってたアイテムを知ってるのだろうか……
しかもこれ、歩いた分がタクシー料金に変換されるんですよ。
貯金大好きな私のツボおさえまくりです!
ケーキも買ってもらった!
20090213-2


ところで、普段自分が一万歩歩いているか自信なかったのですが、なんとワタクシ、
朝の通勤だけで6000歩歩いていることが判明。
職場で座りっぱなしにも関わらず、家に帰る頃には17000歩を超えました。
先日、火曜のレッスンの日にみてみると、
職場に行って家に帰って、家から教室に着いた時点で20000歩突破。
みんなから、どんだけ歩いてんだと爆笑されました(TmT)
さすがの私も、自分でひいたわ! 意識してなくてこれだけ歩く女ってどうなんですか!
これで、陣の散歩行ってる日なんていったいどんなことになってるの私(T□T)

■ということで私、今日37歳になりました(^o^)
17歳の誕生日は、親友が部室で祝ってくれたのを憶えてる。
あれから20年経ったんだよ。20年経ったんだ。
ここまで結構大変だったけど、少なくとも、なにもない人生ではなかった。
私はこのまま自分のペースで生きていこうと思うよ。一日20000歩歩きながら(笑)
ひとりじゃここにいられなかったよ きっと。

【2009/02/13 17:14】 | 未分類 |


Johnbal 誕生日おめでとう。
なんもあげられないけれどw
いやー。同じ年とは思えないほど、銀ちゃんパワフルでいいね!

僕も仕事の日は一日2万歩くらいだね。意識しはじめると、何が何でも歩いて歩数増やそうと思っちゃうのが昭和世代の悲しさなのかなw

銀汰 Johnbalさん
いやんありがとう♪ どうするよ(笑) うちら気づけばこんな年よ!
子供の頃、37歳とか、もう、50代60代と同じ種類の人と思ってた(笑)
私デスクワークなのに……座ったらほとんど動かないのに……
外周りの仕事にしたら、毎日広島くらいまでなら歩けそうな気が(?)


HN師匠 おめでとう!

毎日それだけ歩いてれば、老けずに齢を重ねられること、間違いなしだね。

銀汰 HN師匠さん

ありがとーう!それが、「老けずに」ってとこは無理みたいなのよ、
老けながら140歳まで生きるわけよ、あたしゃ…

あ、でも誕生日恒例の歯医者検診では、先生から
「おまえはいくつになったんか! 20代と思ってたぞ!」と
本気で驚かれたわ! 誕生日プレゼントリップサービスか!?

コメントを閉じる▲


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。