スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


超暫定給付金

■夢には見ていたが(嘘)エラいことが現実におこった。

どこの会社でもあてはまるように説明すると、
たとえば、社外ではなく社内の連絡用の封筒があるとする。
歩いて行けるけれど、それを届けるためにわざわざ行くのがメンドイので、
一日一日数回、定時に、決まった係の人が全課から回収→配布したり、
そこに行くついでがある人がついでに持っていってくれたりするような連絡封筒だ。

B子あてに連絡封筒が届いた。
封筒から書類を取り出したB子が、横で硬直するのが気配で分かった。
なんの気なしに横を見ると、机の上に壱万円札がヒラついていた。
封筒の中に、書類と一緒に万札が入っていたのだ。




B子:「なななんで!?」
C男:「いいなぁ。B子さんばっかりいいなぁ」
私 :「書類よく見たほうがいいよ。相当やらかしてるんじゃない? 提出期限が二年前とか」
B子:「これで勘弁してくださいってことか」
C男:「どこから来た書類? 相手に電話してやれば?」
当然すぐに差出人(2課)に電話をするが、
『ボクのです、と言いたいところですが、残念ながら心当たりはありません』 とのこと。
B子:「いやー! どうしよう気持ち悪い!」
私 :「待って! その壱万円札、私の壱万円札と非常によく似てい」

C男:「なんかの拍子で気付かず紛れ込んだ壱万円札が、封筒に入ったまま各課を回り続けてるってことか。2課の前は?」
B子:「……うちですね。うちから2課に行って、今回2課からうちに戻ってきてる」
C男:「ってことはうちから2課あてにその封筒を使ったやつが怪しい。ってことだな」
私 :「待って!! その字私の」
B子:「銀汰さんの字じゃないとして、うーんこの字は――A男さん?」
私 :「A男さんなもんですか。あいつだったらもっと大騒ぎしている。机の上に出しておいた俺様の壱万円札が消えた、おまえの財布の中を見せてみろ、ああやっぱり、俺の壱万円札と瓜二つじゃないか、くらいは騒いでいるわ」
A男:「いまのセリフは丸ごとおまえにお返しだ」
B子:「あっ、A男さん!」
A男:「それはたしかに俺の字だが、残念ながら俺の金じゃないな」
私 :「A男さん……あんたはバカだね。
A男:「誰がバカだ」
私 :「正直なあなたには、ご褒美にこの金の壱万円札を」
A男:「言ったな」
B子:「全社員に、『心当たりのある人はいませんか』と照会かけたらエライことになるんでしょうね」
私 :「心当たりのある人は、その壱万円札の特徴を具体的に述べよ!ってハードルをたてるのだ」
A男:「ハードル低いな」
B子:「分かりました。ここはやっぱり素直に、神様が私にくれたものとしましょう」
私 :「なんでよ!私の壱万円札と似てるのに!」
A男:「待て! 元をたどれば俺が怪しい!」
B子:「私あてなんだから私のなのよ!!」

■大騒ぎのすえ、壱万円札は一旦、うちの金庫にしまわれることとなった。
一体どうなるんだろう。
本当に、気付かないうちに遣っていた私の壱万円札にそっくりなのに!!o(:皿;)o
スポンサーサイト

【2009/06/23 08:50】 | 未分類 |


HN師匠 私が先日 焼肉屋で見送った壱万円札が、北九州の方に向かっていったという目撃情報もあるのですが、
別人でしょうか?!

銀汰 あ、それは駅前で私が確保したので違うと思います( ̄∀ ̄)
すごい勢いで飛んでたので何かとおもったけど
そっちから来てたのかぁ(´∀`)

コメントを閉じる▲


乳がん検診
■私は典型的なACなのだけど、その症状の一つなのかなんなのか
環境が変わると体重が激減する。
大学に勤め始めたときは8キロ減ったが、今回も、一か月で5キロ減った。
高校時代の体重もあっという間に越え、気づけば、成長期から順調に増えてきた体重が
初めて過去最低を記録している。

なのに体脂肪率はあの頃より10%も多いのだから、さすが中年ぶと
それはいいとして、すっかりアバラ骨も浮かんできた体の中で、なんと最近、
胸がデカくなってきた
ついにきた!?私の時代がついにきた!? と思って喜んだのもつかの間
なぜかそれは左胸だけで、不思議に思っている間に痛みを伴って来た。
寝る時に胸が下になったときとか、下着をつけるときとか、飛び上がるほと痛い。
痛いので気になって触ってしまうのだが、
あげくにシコリまでみつけてしまった。

(TmT) これ巨乳ぢゃねぇ。 乳腺腫れてんじゃん……

■ということで、乳腺外来へ行ってきました。
痛くて痛くて、悲しいので、すぐ見て欲しくて電話しました。
「初診の予約をお願いしたいのですが」
「はいはい。少々お待ちください。えーっと、一番早い日で、七月の

ちょっと待って!!!!

そんなに待てません!
「でも痛みがあるんですよね。それは困りますね。明日は乳がん検診になっているので、
それに混ざって、スキを見ながら先生に診察してもらう感じでよければ…
すごく時間かかりますけどいいですか?」
結局、ご厚意で無理を押して翌日の診察予約をGETしました、ありがとう!

■病院に着いて待合室で待つこと10分……ハッと気づく。
あら!? となりの人スリッパはいてるわ!
ひいいいいい、ここ土足じゃないんだわ! どこにあるのスリッパは!
と思ってコソコソ玄関に戻ると、端っこにこっそりありました……
入口がバリアフリーで、段差もなく、外からいつの間にか中に入れる仕組みで
どこまで外でどこから中かよく分からなかったので気づきませんでした。ごめんよ……

■先生は、私よりちょっと年上の男性の方でした。
本当に先生はあっちもこっちも一人で診ていて
走り回りながら診察してくれました。
待ち時間にも「これを見ててください」ってビデオを見たり冊子を見たり
色々勉強させられます。

Q:なぜ圧迫するのですか?
圧迫することで乳房を薄く、均等に広げます。乳房の中をより鮮明に見ることができます。

薄く広げる……薄いのに……(:3;)

Q:痛いって本当ですか?
圧迫した際に痛みを伴うこともありますが、これは異常を見つける上で重要なことです。


痛くないとは言わないんだ……(T3T)


大変お待たせしましたと走ってきてくれる先生に恐縮しながら、いよいよ
初マンモグラフィーです!

■挟むモンがない以上、挟めないであろうとどこか勝ち誇った私の前で(違)
先生は本当に、必死で寄せて上げてくれました。
何度も 「すみません、一度解除します」 って機械を開いては、あちこちから
色々寄せ集めて質量を作っていきます。
おお……寄せてる寄せてる……(爆)
しまいには私にも 「反対側の胸をそっちに、こうよけて、そうです、はいストップ!」
みたいな指示が出てきて大騒動です。
本当にほかに方法はないのかと訊きたくなる検査方法です!
胸が小さい人間には痛い――とは聞いていたけど、それでもまぁ、そこまでないだろうと
思ってましたが、想像以上の痛さ!!
「いっ いたたたたた」
と声も漏れます! 今まで丁寧に説明してくれていた先生が、悪の手先に見えるほど痛いです、
というより、空いてる片手で先生の首を絞めたろうかと思うほどです!
「圧迫自体は3秒くらいです」
と言われていたのですが、「はい、3~~2~~」 って、3と2の間に5秒くらいあるんだもん、
ほんっとに痛いの!!
全国の貧乳チームの 「胸がないほうが痛い」 の証言にまた一つカウント追加です!
私なんか、胸がたぶん、3センチくらいにおさえられましたよ。回転饅頭くらいの厚さだよ。
ガラスに挟まれた胸を見たかったけど、全然そんな余裕なかった。
脂肪があれば痛くないんだろうけど
何度も言うけどこの爽やかな胸、あっという間に中心部のしこりみたいなのを直撃するんだもの!!

しかも、痛くもかゆくもないはずの右の乳房を挟まれたと同時に
なんか出た
なんか乳汁が出ました!!(爆)
「あら、何か出ましたね」
何が出たんですか!! 脳みそですか えへ (/ー\*)
さらに、問題はそこではなかった。
当然ですが、検査室では上半身素っ裸なんですよ。
診察室で上半身裸に近い姿になったことはあっても
ここまで潔くスッテンテンになったことはありません(笑)
先生が準備してる間は肩からバスタオルをかけて待つのですが、
裸の肩にタオルかけて、その姿はすでにリングに向かうレスラー。
それすら3枚目あたりからもうどうでもよくなって、タオルなしで肩でゼイゼイ息をつきながらマンモと闘ってました。
無人島で暮らしてる人みたいに、上半身裸で突っ立って先生の準備を待って(笑)
で、なにが問題ってあんた、胸じゃない、

腹よ!!!!

私はこの日、下半身はカプリパンツ一枚だったのですが
胸よりも、このタプタプの腹を隠したくてたまりませんでした(T□T) いやあああ
過去最高に痩せてるとはいえ、もう全身脂肪しか残ってない状態なので
パンツの上にはなにやらお肉がのっちゃってるのよ!
撮影の、最初の一枚目は 「肩の力抜いてください」 と言われても
おなかのチカラは入れっぱなしだったのですが、もう、2枚目からは腹まで構えず
それはもう恥ずかしい思いをしたのでありました。
今日から腹筋頑張ろう!!!(T皿T)
左右からと上下からつぶされ、合計4枚の撮影――
写真撮るだけなのに先生の額に輝く汗――
「お疲れ様でした!」
あんたこそ……
「終わりました! いやー終わりましたよ!」
いったい何の事業を成し遂げたのかという誇らしげなすがすがしいプロの顔です!

苦労して(おもに先生が)撮った写真の乳房型見た瞬間、我ながら
「薄っ!!」と呟いてしまいました。
先生あんなに頑張ったのに……なんか、「あの春に植えた稲が……実らなかったねぇ」 みたいな無力感が漂います。最初にサンプル画像で見せられたのの半分くらいしかなかった。料金も半額にすべきです。

ところで今日は、乳がん検診もかねて、エコーも同時にやってもらうことになりました。
待ち時間の間に読んでいた資料に
「乳房が厚く深部まで写らない人はエコーも有効」
と書かれてあったので、
「すみませんでした、私の乳房は1センチくらいのしこりなら肉眼で観察可能な薄さです、マンモで十分全部写るのでエコーなんかしていだだく価値はございません」
と申告しそうになりました……
これがまた、愉快な検査で……
胸にゼリーを塗ったくって、レジでバーコード読む機械みたいなやつでくすぐりまわすという
明かりの下では見たくないプレイなんですが、
胸を出来るだけ平らにするために、両腕を頭の下で組んで横になるんです。

想像してくださいよ。
頭の下で両手を組んで横になる。
どんだけ横着な検査体制!?

そんな、日曜のお父さんみたいな格好でエコー検査をされつつ、
一緒にモニターを眺めてました。
一応医療機関で働いていたのでエコーはなんとなく見れます……
右は、なーんもない……巨乳のモトとなる筋肉も脂肪もあんまりない(TmT)
で、問題の左側です。
エコーを当てた瞬間からもう、絵に描いたように異状が(笑)

結果から言いますと、ついた病名は「乳腺症の可能性」 でした。

乳腺症(にゅうせんしょう):
乳腺の病気の中で最も多い良性の病気。多くは両側の乳腺に凹凸のある境界不鮮明なしこりをつくり乳がんと区別しにくいものもありますが、痛みを伴うことが多く、生理の前にしこりが張ったり、痛みが強くなるのが特徴です。40歳代に好発します。普通、治療の必要はありませんが、痛みがひどい場合には、薬物治療などを行います。

40代……il||li_| ̄|○il||li どんまい

乳腺症だと断言するためには生検が必要なので、いまは可能性なんだって。
具体的には嚢胞がありました。
エコーで見ると、まぁ、がんができてもこんな感じに写るのかな?という映像が
めちゃめちゃいっぱいある。

乳腺嚢胞(にゅうせんのうほう):
乳腺症の一つのタイプで、乳管の中に水がたまった様な状態。
超音波検査で適格に診断でき、注射器でしこりの中の水を吸い出すとしこりは消失します。
閉経し、60歳くらいになるとほとんどみられなくなります。

「健康な人にも、10人に3人くらいは見られます(3人に1人じゃないのね)。
ただ、ちょっと多いですね……」
さすが、なんでも人より上を目指す女、おきらく銀汰!! 
この不景気に、一人で景気がいい!(T皿T)

さらに、「良性の石灰化」 が一個ありました。
これはカルシウムが固まったもので、明かな良性なので心配しなくていいとのこと。
私の知らない間に私の胸ったら、色々変化してたんだわ……
カルシウム……骨粗鬆症なのに、そんなところで何やってんのよ……
石灰化してる場合じゃないよ……

そして、突然飛び出た謎の乳汁も、心配しなくていいとのこと。
通常母乳を作るための機能が、女性ホルモンのなんらかの影響で乳汁を作り
こうやって漏れることもある。
自宅で自己チェックをする際には、しこりだけでなく、乳汁の分泌もないかチェックすること。
血液がまざってないかよく見ること。
(今回はその場で血液反応検査もしてもらったけど、透明だった)

母乳をつくるための機能……( ̄_ ̄)
うちのおかんはよくバザーで食器セットとか買い込んできて、
「あんたがお嫁に行くときに持っていけばいい」 とせっせと準備をしていた。
そのうえ母乳の準備まで整えて、
私ったらもう嫁に行く準備万端なんですけど
いつ行けるんでしょうか!?
母乳はまだ必要ないのに……これからの季節、めんつゆでも出ればいいのに……

■というわけで
初マンモグラフィー体験、無事終了しました!
今回ちょっと、所見が多すぎたため、また12月に経過観察だそうです。
もうお金がありません……12月にまた何か定額給付金出ませんかね(・∀・)ノ
今回の定額給付金は、もらう前から、壊した車のミラー代に消えたんだもの!

■行って良かったなと思ったのは
実際に、胸の中からしこりを探せるシリコンモデルを触らせてもらえたこと。
それから、先生がやってくれた触診を覚えられたことです。
1センチ大の乳がんだったら、生存率はすごく高いそうです。
そして、1センチのしこりなら、指にはっきり触れた。
私は今回、乳腺が腫れてしこりになってる、ちょうどリンパ腺が腫れたみたいなヤツで
「いやーん、なんかしこりが!」って病院に飛んで行ったけど
普通の人はあまり、ここまで、自分の胸を撫でまわさないらしく(爆)
1センチのこんなハッキリしたしこりでさえ気づかず、3センチくらいになってやっと気づいて
病院にくるそうです。
別れ目はこれだけなの。
しこりをみつけられるかどうか、じゃなくて、
自分でチェックを、定期的にしてるかどうか!
チェックしてたら、しこりは絶対みつかります!私は5ミリの乳腺硬結(しこりね)でも
すぐ気付いたよ!
先生は
「しこりはないかな、って見つけようとすると、全部しこりに感じます。そうではなく、
普段の状態をしっかり覚えておいて、普段の自分と同じかな?とチェックしてあげてください。
生理前に胸が張ると言っても、2週間前から張る人もいるし、前の日だけ張る人もいる。
「普段の自分」がどうなのかをしっかり知って、「今日も普段の自分かな?」と
チェックしてあげてください」
っておっしゃってました。


私は長生きする気満々なので、これからちゃんと自分でチェックしたいと思います!(^o^)
みなさんも、ベッドで横になった時に私を思い出したら(なんでや)ぜひ
頭の下に手を組んで、偉そうにチェックをしてみてくださいネ♪

■でも「普段のおきらく銀汰」、もうちょっと胸が厚い状態だといいな……(TmT)
すんげ―――薄かった!!!
ほんっとにこれが、「普段のおきらく銀汰」の状態なのかなぁ、
なんか異常あるんじゃないのー!? ヾ(`□´)ノ 薄いよー!?

【2009/06/12 20:16】 | 未分類 |


michina@どんぐりまま しこり、って判るような判らないような・・・ですよね。
実は私も、ちょっと前にテレビで乳がんのセルフチェックの方法を見て、
なんだか気になる触感(?)を発見してしまいました(^^;)

銀汰さんと同じで、5mmあるかないか、くらいの、
ぷにぷにした物体なんですが(笑)

気にはなってるんですが、
しこりってもっと硬いんだろうなぁ、とか、
もし悪性の腫瘍で、手遅れだったらどうしよう、とか思いながら、
病院に行くのも劫で、放置しています・・・。

なので、銀汰さんの詳しいレポート、
興味津々で読ませていただきました。
すごく参考になりましたよ、ありがとうございます♪

1センチ超まで育ったら(?)、
自分でもはっきり判りそうですが
それ以上になっちゃったら、やばそうですね。

小さい間に、病院行って診て貰います。
今の大きさくらいなら、重大なことにならなさそうなので、
安心して病院に行けます(笑)






銀汰 >michinaさん
こんにちはー!コメントありがとうございます、
いやーっ!病院行って行って!私が枕元に立ちますよ(笑)

>もし悪性の腫瘍で、手遅れだったらどうしよう、とか思いながら、
>病院に行くのも劫で、放置

ここが私と違うとこですねぇ……
私は小心者なので、自分で怖い病名たくさん思いついて
すぐに病院に飛んでって、毎回たいしたことないよって帰されてます(爆)
でも、こういう小心者のほうが病院いきつけて長生きするんだろうな(^^;)
病院は、大丈夫って安心しに行く場所、
診療費は、安心代ってことで☆
うん、1センチはほんとにでかかったです!逆に、あれを気づけないなんて
おかしいってくらい。
だから、5ミリのぷにぷには絶対、悪いモンじゃないので、
病院に、安心しに行ってくださいね~♪

コメントを閉じる▲


強くなれたんだ
■美保さまが、あの小さかった美保さまが、
26歳になりました(・□・)

私は一体いま何歳なの!?(T□T)??

■ケーキは、子供の夢 『大きないちごショート』
美保が職場の人からもらってきた!
いちごショートってほんとに、ホールで抱えて食べたいよねー!

20090610-1

これの大きさ、上空から見たら板チョコと同じ大きさー!!(≧∀≦)でかでか

20090610-2

いちごの大きさがすっごいの♪


■もしもこの世に私の大事な人がいなかったら
そしたら私はたぶん、今もらってるお給料で満足して、その範囲で
自分の好きなものを食べて好きなことして、
だけどきっと楽しくない日々を送ってた。

いまの私は、自らしょい込んでるものが多すぎて、なんか毎日ほんと大変なんスけど
でも本当に、幸せだと思う。
一生 「もー! なんで私がー!」 って言いながら必死で頑張っていたいと真剣に思うよ。
美保がいないなら見上げて諦めて前に進むのもやめて座り込んでしまってたはずの山も
たくさん越えてきた。
「あなたがいたから」 が、数えきれないくらいあるよ。
生まれてくれてありがとう。

あと、ケーキも分けてくれてありがとう(笑) 3分の2も(爆)

【2009/06/10 18:35】 | 未分類 |


陣とホタル祭り
■今年もホタル祭りが終了しました
夜は人がいっぱいなので、今日は先にお散歩……

20090609-1

夜おそーい時間に陣ともう一度来たら、人がいなかったので
陣にホタルよーって見せるんだけど全然興味なし(そりゃそうか)
咲良も連れてきたけど、咲良に至っては「ホタル食べる?」と食べる気満々……


ホタルは、幼虫も光るんだそうだ。
ひかりっぱなしの人生だ。
今調べたら、ホタルの幼虫、かなりなお姿だったけど(^^;)、
生まれて7日しか生きられないのならそりゃひかりたいってモンよね!


また来年生まれておいでね!
次のホタル祭りまで、私も輝けるように頑張ってるよ。

【2009/06/09 18:26】 | 未分類 |


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。