スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


行方不明
■昨日の朝から
犬の陣くんが脱走しているらしい。
私は昨日仕事帰りにレッスンに行っていたので
事態を把握したのは夜20時だった。
朝、散歩に行った母が、リードもそのままに手を放して雑用をし(前から危険だとは注意していたが)、
結局繋ぎ直すのを忘れたようだ。

妹が警察と保健所に連絡を入れてくれていたので、
すぐに連絡が来た。
うちは山の中にあるのだが、山の麓の幼稚園で保護されているらしい。


幼稚園…!!!(((゜д゜;)))ガクガク


迎えに行くと、保母さん二人がリードを手に呆然としていたそうだ。
「今までいたんですが…いえ、とても優しくていい子にしていましたよ、誰も食われていません」

夜中にも探し歩き、今も山奥(普段の散歩コース)を車で走ったが見あたらず。
陣は普段から車を怖がらず、平気で車道に飛び出すバカ犬なので心配でならない。

いや、最悪陣が怪我するのは仕方ない、それよりやつは紀州犬、
被害者や被害猫、さらには被害猪が出ないことを願うばかりです。

ああ陣よ、早く帰っておいで(;_;)
スポンサーサイト

【2011/11/23 16:12】 | 未分類 |


バック出来る
■子供の頃から
将棋だけはどうしても興味がもてなかった。
まったく関心がなかった。
たとえば釣りとかバイクとか、他人の趣味で自分は興味ないものは他にもたくさんあるが、
こと将棋に関しては、「どーでもいい」ではなく積極的に「興味なし!」だった。

だったのだが、うちの生徒に将棋が趣味の子がおり、
彼に誘われてやるはめになった。

将棋を知らない人間が将棋を打つと、想像以上にものすごく絶望的な盤面が出来上がる。
その日も、どのコマがどう動けるのか説明されながら終了した。

■ところが
めちゃめちゃに言われて悔しかったのであろう、
それから私は、毎日オンラインで将棋を打つようになった。
オンラインは良い。コンピューター対戦だと、私が妙な動きをしても笑ったりしないし喧嘩にもならない。
喧嘩とはつまり、

「銀汰先生、歩を集めた人の勝ちじゃないからね。王を取りに行くゲームだからね!」
「はっ!そうなん!でもなんか集めてしまうやん!」とか

「ちょっと!なんであんたは今勝手に裏がえったんかね!」
「さっきも説明したやろ!成ったんよ」
「何が成ったんかね、柿の実かね。じゃ私の歩も、これで『成』れるんやね」
「そう。歩は、成ったらどう動けるか分かる?さっき教えたよね」
「………バック出来るようになる!」
「ならねーよ!!!!!」
「あんたがポンポンポンポン教えるけ分からんくなるんよ!!!!!!」

とかそんな喧嘩だ。

毎晩毎晩、オンラインで一局(←かっこいい)打つのが日課になってはや7ヶ月。
夕べ、初めて「詰んだ」。
この感動を伝えたいのに、ヤツは3月に、とっくに卒業してしまっていたのだった。

もう歩をバックさせたりしないのに(笑)

ちなみに、どうでもいいでしょうが
一番好きなコマは「桂」です♪
一個飛ばして斜めに行けて、なんかちょっと、車線変更みたいなのです。
でも何て読むかは知らん(笑)

【2011/11/13 23:51】 | 未分類 |


HN師匠 話は違うんだけどさ。
「過去のニシエヒガシエ」を久々に読んで、腹を抱えて笑った。

…出版しなよ。

銀汰 いいねー金も尽きたしね(・ω・)/


……じゃなくて、

話違いすぎだろ(笑)
人の半生を、腹を抱えて笑うな(`ε´)笑

コメントを閉じる▲


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。