スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


さよなら赤い流星号
■流星号とのお別れの日がきました。


何社か問い合わせた結果、赤い流星号はいちまんえんになりました(T□T)
どの会社も、車体を見にくることもなく
年式と走行距離を聞いて 「買取というのは難しいけれど、廃車は無料で引き受けますよ」 
「5000円で廃車手続き代行しますよ」 という感じ……
そんな中で 「1万円で引き取りますよ」 というところがあったので、もうそこにしました……
もともと高く売る気はサラサラなかったけど、そこが唯一、
「今月中に廃車手続きまで完了します!」 と断言してくれたのでそこにしました。
4月1日になったら、次の税金も私に来ちゃうもんね……
流星号の弔いと思えば、税金くらい払ってもいいけど

↑もう、こういう心境なわけです

■17日に保険が、そして21日に車検が切れるというのに17日まで見積もりの電話をせずにいたのは
ここまできてもなお、「本当にいいの? もう一回だけ車検通さなくていいの!?」 って迷っていたから。
もうほんと往生際悪くて恥ずかしいのですが、
ここで車検さえ通せばあと2年……!ってどうしても思わずにいられなくて
ギリギリまで動けませんでした。
私の所にきたときは、2年落ちの20367km走行だった流星号。
前の持ち主はよく、たった2年で手放せたね。

17日の夜に 「では19日の午後に取りにいきますー」 と約束をしたので
18日は仕事は休んで、最後の洗車と記念撮影大会をしました。
午後から雨の予報だったけどかまわず洗った。
洗いながらどうしようもなくなって
私と赤い流星号の仲(!?)を知っている、バイオリン教室の某お父さんに 「耐えきれそうにありません」 とメールをしてしまう始末。
「こんな思いするならもう車は二度といりません、次は通勤用に馬を買う」 って言ったら 「じゃあ一緒に鞭もね」 って。でも鞭はもう持ってるし(嘘)きっと白馬がやってきてもこの悲しみは癒されない。
白馬、王子様乗ってたら癒されるけど(癒されるんかい)
こんなにもこの子がいいのなら、
そしてそれが叶わないならいっそ次は可愛くもなんともない、金色のハリアーとか緑のバモスとか買ってやるなんていう、
『もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対』 的ヤケクソ気分になっております。


■最後の洗車中の赤い流星号
20080318-1

20080318-2

洗いながらおかんにビデオを撮ってもらったのですが(爆)おかんも
「これが我が家に来た時のことを思い出すね」 と同じことを言ってました。
私のリクエストをまるっきり無視して 「とにかく見てください」 と連れてこられた流星号。あんなにも何かに、「一目ぼれ」したことはなかった。

■中学3年間(いや高校も就職先もだ!)
毎週土曜はこれで最愛の妹の送迎をしたのだからと無理やり妹も一緒に記念撮影

20080318-3

妹にとっても「初めての車」です。鼻削っちゃったまま修理しないでごめんね。


■最後のメーターが72981kmだったので
72981-20367 おお52614kmしか走ってない(笑)

我が家から、北海道の最北端 宗谷岬までが2,494.2km
東京~イタリア間が約9870km(笑)

ああ、本当にたくさんの距離を走ったんだなぁ。
そんなに遠出はしてないから、こまごまちょこちょこ、どこに行くのも一緒だったんだなぁ(:_;)

■ど――――しても離れられないワタクシ
20080318-4


とおもしろがる妹
20080318-5


■キレイに洗ってぬいぐるみも降ろして、車体に何度もキスをしてお別れをしました。
その夜はレッスンだったんだけど、保険が切れてるし、心中穏やかではなかったので徒歩で行きました。
そして、よせばいいのに我慢できずにレッスンから帰ってまた駐車場に行ってしまい、しばらく車内でボーッとしてました。

おもえばこの12年、レッスン帰りにあちこち寄っては一人でボーッとしてる時間が一番多かった。
私は”悲しい”で泣くことは全然ないんだけど、”悔しい”で泣いてばかりで
それはいつも誰にも内緒でこの車内だったなぁ
誰にも言えないからバカみたいに車内で独り言で 「でもさ、こうこうこうじゃない!?」 とか愚痴ってしまったりね。ほんとにこの車内は私のお城だったわけです。満月のたびに寄り道ばっかりしてたよ。

12年間運転席ばっかりだったので、最後に後部座席にも座ってみた。
土禁だったし禁煙だったしで、車内が綺麗なのにあらためてビックリ。
私、一生この車で構わなかったのに、
どうして車って消耗しちゃうの

■キリがないので、覚悟を決めて降りることにした。
いつもと同じようにバイオリンを担いで大荷物持って
キーを抜いてパワーシートが自動で下がるのを嬉しがって
いつもと同じドアが閉まる音を聞いたらその頃雨が降り出した。
さよなら赤い流星号。
さよなら赤い流星号。

さよなら赤い流星号!!

スポンサーサイト

【2008/03/18 23:30】 | 未分類 |


<<別れの朝 | ホーム | お電話くれるでしょうね>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。