スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


朝な夕なに
■昨日の帰宅時

道を曲がったところに一台の車が停まっていた。マーチクラスだ。後ろがボコボコで、助手席のドアが開いて、傍におじいさんが立っていた。暗がりの中、私を見るなり声をかけてきた。
「国立病院はどこかね」
「反対側です。ユータンしてこの道を真っ直ぐ行ってください」
「まっすぐ行ってどこかね」
今説明したところで解らないだろうと思い、
「まっすぐ行けば見えるけど、それで解らないならもう一度誰かに聞いた方がいい」旨説明すると
「神社はどこかね」
「……神社はあっち」
「神社に行かないと帰れないんじゃ!」
「国立病院は行かなくていいの?」
「神社の所から家に帰らんと帰れんじゃろうが!」
なにやらカンカンのおじいさんが手におえないので、運転手に説明しようと車の中を覗き込んだ。
「あのー国立病院に行かれるんですか?」
運転席には、外のおじいさんに輪をかけたような年配のおじいさんがいて、私を見るなり吠え立てた。
「国立病院はどっちか!!」
「……」
 最悪だ。
「国立病院は、あっち!反対側やけ、ユーターンして、向こうの車、ほら、あの流れに着いて行き!真っ直ぐやけん」
「まっすぐっちゃどのくらいか!」
「10分くらい」
「10分も行くんか!!」
「まっすぐやけ、それで解らんかったらまた誰かに訊き!」
「誰かっちゃ誰か!」
知らんがな。 (-゛-;)
「山口はあっちやろうが!」
「山口!?」
「鳥居はどこか!」
「だから鳥居はあっちっちゃ! 国立病院は反対! 山口は知らん」
「列車の線はこれか!」
「違うよ列車は  列車って何!?」
「神社が解らん!」
「あんたたちは国立病院に行きたいんかね神社に行きたいんかね!!」
「○△※◎$?℃@!!」
なにか聞き取れない言葉を言ってじーさんは私を見限り、二人は喧嘩をしながら車に乗り込んで
私が振り向き振り向き見ていた限りではゆうに音楽1曲分の時間をかけてユーターンをし、
ヨタヨタとb>国立病院でもなければ神社でもない方向へ走って行ったのだった。
助手席の窓には、広告の裏に鉛筆書きで
コメ とか ニンジン とか書いてあるものがセロテープで貼りつけてあった。
あんな車が路上にいるんだ……


■今朝の出勤時

ある角で、高校生の男の子の自転車が横からシャッと飛び出してきた。
私の真正面に回り込むように彼が飛び出してくるのと、
私が咄嗟に両手でその前籠を押さえて止めるのと、
二人が固まるのが同時で、多分1秒内だったと思う。
私は一歩後ろにステップを踏み、彼はブレーキを握り締め、ことなきをえた。
「大丈夫?」
一応大人なのできくと彼はスミマセンと頭を下げはにかんで去って行ったが、
通勤しながらその出来事を反芻して、我ながら地味に笑ってしまった。
前から突っ込んできた、あのスピードのチャリを、前籠でガッと押さえつけて見事止めるってどんだけ屈強!?
前車輪が両足の間に入った状態で、「ふん!」って前籠を押さえる三十路女……
そして私の、あの軽やかなステップ……
『大丈夫?』っておまえこそだよね。
私、トラックが前から来ても両手で止めそうな気がするわ(TmT)
そして昼現在、両腕はやっぱりちょっと痛いのだった。


今日の帰りはフツーに帰りたいです。
スポンサーサイト

【2008/11/21 12:19】 | 未分類 |


スー☆ 毎日毎日、人が一人やっと歩けるくらいの幅しかない歩道を、ベルを鳴らしながら猛スピードで向かってくるチャリ通学の中学生。そのたびに歩行者である私が(ここ重要)、一応大人だし車道に下りて通してやっていたのに、何にも言わず、スピードも落とさず我が物顔で通っていく中学生。

とうとう今朝、猛スピードで自転車のベルを鳴らしながら向かってくる中学生を避けずに、私の前で止まらせて「あのね。歩道は人が歩くところなんよ。君がベルを鳴らして人を避けさせるのは、違うと思うよ」と言ってやったよ。

チャリを避けながら、後ろから車が来てないことを確認しながら、車道に下りるのって結構怖いんだもん。

HN師匠 正しい

銀汰 >スー☆さん
そうなんですよね、忘れがちだけど歩道って自転車ダメなんですよね!v-106
コメント読んでから意識して見たら、ちょっと広い歩道は、
自転車可 ってわざわざ標識あるし、
ないところは歩道なんだわっ!v-91
私は車も乗りまくるので、「自転車は車道!」ってのもちょっとどうなのと思う派なんだけど
自転車用通路が完備されるわけもないし難しいですね~。
しかし、「自転車可」の標識なんて、意識するまで気付きもしなかった!

>師匠さん

そんな力強く言わないでよ(爆)

コメントを閉じる▲


<<道100景(ほんとは2景) | ホーム | テスト>>
コメント
毎日毎日、人が一人やっと歩けるくらいの幅しかない歩道を、ベルを鳴らしながら猛スピードで向かってくるチャリ通学の中学生。そのたびに歩行者である私が(ここ重要)、一応大人だし車道に下りて通してやっていたのに、何にも言わず、スピードも落とさず我が物顔で通っていく中学生。

とうとう今朝、猛スピードで自転車のベルを鳴らしながら向かってくる中学生を避けずに、私の前で止まらせて「あのね。歩道は人が歩くところなんよ。君がベルを鳴らして人を避けさせるのは、違うと思うよ」と言ってやったよ。

チャリを避けながら、後ろから車が来てないことを確認しながら、車道に下りるのって結構怖いんだもん。
【2008/11/21 20:55】 URL | スー☆ #-[ 編集] | page top↑
正しい
【2008/11/22 22:58】 URL | HN師匠 #zcpMMdzk[ 編集] | page top↑
>スー☆さん
そうなんですよね、忘れがちだけど歩道って自転車ダメなんですよね!v-106
コメント読んでから意識して見たら、ちょっと広い歩道は、
自転車可 ってわざわざ標識あるし、
ないところは歩道なんだわっ!v-91
私は車も乗りまくるので、「自転車は車道!」ってのもちょっとどうなのと思う派なんだけど
自転車用通路が完備されるわけもないし難しいですね~。
しかし、「自転車可」の標識なんて、意識するまで気付きもしなかった!

>師匠さん

そんな力強く言わないでよ(爆)
【2008/11/27 12:24】 URL | 銀汰 #bCzI81Sk[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。