スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


【おきらくマイホーム】テーブル出して~
■新居の全貌が明かされたいま、家族の夢はふくらむばかりです。
一番白熱しているのはやはりダイニングテーブル。
いままで4人掛けのダイニングテーブルに椅子を足したりして使っていたんだけど、
最近はヨシくんや咲良もいるので、もっぱらダイニングテーブルは使われず、
いちいち居間にテーブルを出して食事をしていたのです。
今度は全員が座れるデカいダイニングテーブルを買うのだ!
でも、一日中そんなデカいのにドカンと鎮座されてると邪魔なので、
出来れば折りたたみでサブテーブルが出せるとか
スライド式で長さが伸びるとか、そういうのが欲しいのです。

が、そういうのはお値段が素敵……
劇的ビフォーアフターでは職人さんが簡単に作ってくれているのに……

私 :「パパ、こんなの作ってよ!」
父 :「なんか、ランニングテーブルか

一体、食いながらどこを走る気なのでしょうか……
なんにしろここで妥協するわけにはいかないのです。
今現在使っているダイニングテーブルは、私が小学6年生の頃、
美保に至っては生まれていない頃から使用されている骨董品です。
一度買ってしまったらそうそう壊れはしないのよ!

私 :「サザエさんちは一体どうやって座ってたの!?」
妹 :「サザエんちは、カメラ位置を空ける余裕さえあるのに」

サザエんちと我が家の大きな違いは、
同じ七人家族でもサザエんちは子供が三人なのに対し、こっちは子供一人なのだ!
ちゃぶ台で食事するわけにはいかない。

私 :「298000円……こっちは198000円……こっちは」
妹 :「もうさぁ、殿様みたいに、一人ずつお膳でいいやん(T_T)
    もう好きなところで食べたらいいやん」
父 :「大体、あのリビング、こんな、横2メートルとかのテーブル入るのか」
私 :「入るんは入るけど、そしたらもうソファーは狭いねぇ」
ヨシ:「そんな狭かった!? 余裕やろ」

全貌が明らかになったのに、概要しか分かっていない我々……
母は陣の居場所周辺しか見ておらず、
みほはガスレンジと水周りしか見ておらず、
ヨシは家の土台や基礎構造しか見ておらず、
父はどこも見ておらず、
私に至ってはクローゼットの取っ手が「普段はフラットだけど、
このボタンを押すと取っ手が飛び出してくるのか、ほほぅ」
などと、約3センチ四方の仕掛けのことしか覚えていない有様なのだ。

私 :「妥協するくらいなら、しばらくは今までどおり、床にテーブル置いて食べようじゃないか!」
母 :「あの素敵なリビングで、相変わらずこのボロい小さいテーブルを二個……」
妹 :「テーブル出して~(←我が家での、食事集合号令)」
私 :「あの家でもアレを聞くことになるのねー!!」

まだまだ、ソファもテレビ台も選ばないといけないのに、どうなるのだろう。
このままでは本当に、しばらくは、ダイニングテーブルのないダイニングになりそうです(笑)


■余談だが
「テーブル出して~」の掛け声と同じくらい、我が家でよく使われていた掛け声がある。
「クーラー消して~」である。
これは、我が家の悲しい電気事情によるもので、
供給アンペアが少なすぎて、クーラーと電子レンジなどを一緒に稼動させるとブレーカーが飛ぶのだ!
我が家も、家電量は一般家庭なみにあるので
(というか家電だけは一般家庭以上にあるので。なぜなら私が好きだから!)
供給アンペアを上げてもらうべく電力会社に相談をしたところ、
家が古すぎて工事が出来なかったのである。
ちなみにこの周辺はすべてそうで、どこの家でもじゃんじゃんブレーカーが落ちている。

そういうわけで、エアコンの起動には最大の注意を払わなければならなくて、
しょっちゅう「電子レンジを使うからクーラー消してー」などという掛け声がなされていた。
これだけしょっちゅうブレーカーが落ちる上、原因がハッキリしているというのに、
うちのおかんは平気で電気を使いまくり、じゃんじゃんブレーカーを落とし、
私のDVDレコーダーに壊滅的ダメージを与えまくってくれたりするので
ついには電子レンジの『スタート』ボタンの横に『ブレーカー注意』などと
シールを貼ったりしたが功を奏さず、「ごめぇん」ということがしょっちゅうだった。
他にも『炊飯器がマックスに盛り上がっている時(?)には掃除機はやめとけ』とか
『電気ポットが沸騰中のときはドライヤーはダメだ』とか
色々組み合わせがあったのだが、とにもかくにもこれをおかんは学習せず、
ほぼ8割、いーや9割でブレーカーを落としてくれていたのだが
これでもうブレーカーとの長い戦いは終わることになる。


この話を人にするたびに、
****************************************************
友達とクリスマス会をすることになったのび太だが、その会場に選ばれた友達が
超貧乏で、1間の家で、9人くらい家族がいて、
「お兄ちゃん帰ってきたから○○は外に出て」
「外は寒いからハンモックつるすよ」とか言ってて(笑)
「今度、友達とクリスマス会することになった」
「じゃあその日は全員外に出ているから」
って会話をのび太とドラえもんは聞いてしまい、『重力ペンキ』という道具を出す。
そのペンキを塗ると、塗った部分が底面になるので、床面積が増えまくる!
壁でも天井でも暮らせるようになって、めでたしめでたし
****************************************************
という話を思い出すのでありました(^^;)重力ペンキほしい!

■と言っているハシからブレーカーが落ちた。
「あ、ごめぇん。ポット沸いてた~」
暗闇で懐中電灯を探すこの日常も、もうすぐ終わると思えば少し淋しい(笑)
スポンサーサイト

【2009/11/01 02:33】 | SweetHome |


<<【おきらくマイホーム】引っ越し業者が決まらない | ホーム | 【おきらくマイホーム】親を現地に連れていく>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。