スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


ツワモノ揃い
■順調に通っております。プリン専門店……

実は初日、レベル低めでトライしたにもかかわらずマシンから降りた途端に全身痛くて痛くて
スタッフさんに相談したら、
「データ的に、これでも(これでもってオイ)筋肉量がある方なんです。なので痛いかも」
憧れだった 「翌日筋肉痛」 の上をいく 「その場で筋肉痛」
B’zのライヴの筋肉痛が一週間後に現れたことを思えば、
少しは若がえってきたのでしょうかふふふふふ……

■マシンの横にダンベルが置いてあるので
マシンに乗るまえに少し、ちょっかいを出してみました。
0.9キロと1.5キロのがあるんですけど、0.9は残念ながら余裕……変ね……
1.5キロは重いです!
これはマシンより全然効く気がいたしました。
高濃度酸素を吸いながらダンベルを上げていると10秒で(……)汗だく。ほんとほんと。
なのですぐにそれは置いて、またマシンでプルプル揺らされます……

今日のメンバーはおもしろかったです。
20代前半のお嬢さんは、バーをしっかり握って、おしりを後ろに突き出して揺れてました。
馬とびの馬役をやる姿勢になって、その両手を水平に上げてバーを握っているわけですが、
これ、顔は床を向くので自分の下半身は見えず、本人はここまでとは思ってないのかも
しれないのですが、おしりだけが漫画みたいにふりふりふりふり揺れるんです(笑)
バーを握って上半身がガッツリ固定されてる分、おしりだけがふりふりふりふり、
ディズニーアニメに出て来るアヒルの化身のようです。
私はあのポーズはやめておこう……と学習してその向こうを見れば、
インテリジェンスなお姉さまが揺れながら読書中。
確かに私も 「この時間もったいないなぁ」 と何度も思うし、
ネタをメモしとこうと思って携帯を開いたりするのですが、
携帯の画面なんか全然見れないくらい揺れるんですよ。
でも彼女は、文庫本をガッシと握り、本ともども揺れながら、本を堪能していました。
どんだけ動態視力いいんでしょうか!?

そのとき、ふと隣から「ふーん・ふーん」とすごい鼻息が聞こえてきたので隣をみると、
ガクガクブルブルになって大揺れに揺れながら、おばちゃんがダンベルを振り上げ始めました。
震度5の状況で倒れそうになりながらダンベルを持ち上げる。
それをやるか、おやつを我慢するか―――
そこで耐震訓練を選んだ者が集う場なわけですから、
皆、多少の荒修行は厭いません p(`m´;)
ただ、両手をバーから放すと、思いの外上半身は揺れているものなので
天井につきあげた1.5キロのダンベルが左右にブンブン振られ、
となりにいた私は、頼むから力尽きてくれるなよと祈るばかり……

■やればやるほど思います。
痩せる気がしません。
なんとも達成感がないんです。
揺れに揺れた後、「あ~、よく揺れたわ~がんばったわ~」 という気分になれない。
そりゃ頑張ってないので当たり前なのですが、どうもイカンです。
ラクなのが売りなので、それでいいのでしょうが……
「いま脂肪が燃えてる気がする!」 と体感できたのが、
ダンベルを持ち上げた1分だけという……
ほんとにこれでいいのでしょうか。
どうにも落ち着かず、結局帰宅後陣と一緒に走りまくる始末です。
日頃から腹式呼吸をしてみようかなとかカロリーはどうかなとか
「せっかく15000円も払ったのだから無駄にしてなるか」という点で
意識も変わってきているので、そういうてんではいいかもしれません。
まぁ、これで本当にバリバリに痩せたら、私は「ダイエットエンドフィットネス」の
カッコウの広告塔となるわけですがネ(笑)
スポンサーサイト

【2007/02/10 12:02】 | 未分類


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。