スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告


保育士になりました
■夏に、泣きながら受けてきた保育士試験ですが、
先ほど合格通知が届きました。

なぜ受かったのか自分でも
分からない( ̄◇ ̄;)

ピアノの「おんまはみんな」は、
パッパカ走ってた馬も転ぶわって速度で弾いたし、
絵画は、ラスト五分まで背景が白紙だったというのに…

でも歌は我ながら、呪文としてはだいぶ効力のあるものだった!
あの歌で、奴らを倒せたのか?!

もう絶対落ちたと思っていたので、来年は、
「ピアノ弾きながら皿もまわせる、隙を見てハトも出せる!」
くらいのレベルまで高めて臨もうと思っていたのに…

小さな頃から色々な場面で何度も将来の夢はと聞かれたけれど、
私の場合、最古の記憶が「保育士」なのだ。
その後、声優とかソリストとか占い師とか探偵とか、夢は変わってきたけれど。

私、40歳にして保育士になりました。
個人的にはios6がインストールされたくらい立派になった気分です(笑)

この資格、今更いつか役立つんかぃな…←我にかえった

それにしても大変でした。
それでも、越えられるもんだな。

落ちた落ちたもうだめだと、泣きごとばかりの私を励ましてくれた皆さん、
ありがとうございました!合格の報告が出来て本当に幸せです。

意志あるところに道はひらける!!

【2012/11/24 09:55】 | 未分類


巣立ち
■私が勤める学校でも
寒い中、他の先生方のおかげで無事卒業式を終えました(^-^)
私は歌でも歌っただけですが(-_-;)

意外な子から手紙をもらった。
私が担当する係会で、いつも寝てばかりで、
意見を求めても「別にありません」だの「誰それと同じです」だのしか言わないクソボーズだ。

寝ている頭を叩き、蹴散らした靴を踏みつけ、
怒りながら何とか毎回議事録をとらせた。
唯一、とにかく字が綺麗な男で、私はそれが嬉しくてみんなに自慢したくて(?)
彼の議事録を天に掲げては代わりに威張っていた。

彼からの手紙には、他の子みたいな「今までありがとう」的文章はなく、
私のことをどう思っていたのか、
生徒たちの中で私はどういう存在なのか、
そういった内容が書かれてあり、その中に、ふいに一行、「係会楽しかった」とあった。


卒業式でも、最後の校歌でも泣かずに頑張ったけど、
それを見た瞬間泣いてしまった。

私は、仕事終わり必ず全員に「さよなら、また明日ね」を言ってまわるのだが、
いつ声をかけても彼だけは、チラッとこっちを見て小さく手を振るだけだった。
たくさん交わした会話のどれもが、憎たらしいものばかりだった。
なにしろ、一番多くかけた言葉は「あんたバカやねぇ」だ。



係会か。そうか、楽しかったか。楽しかったな。

私たちにとっては、大勢いる生徒の一人でも
向こうからしたら一人の先生だ。
どんな子でも、全力で関わらないといけない。
「先生と出会って自殺はやめた」とか「先生がいたから学校来てた」とかいう手紙たちより
ずっとドカンときた一行だった。
自分がやらなきゃいけないことが分かった気がした。


みんなのことみっともないくらい大好きだった、泣けるほど大事でした。
巣立つ先でもどうか健やかで幸せでありますように。
元気でね。死ぬほど元気でね(?)
どこかで会えたとき、あなたが笑っていますように、いつもいつも願っています。
卒業おめでとう。
いつまでも大好きだよ。
あなたは私たちの誇りです。
心配しないで、行ってらっしゃい!

【2012/03/16 18:51】 | 未分類 |


ともこ マックで一人勉強しながら、久しぶりにログインしました。(レッスン日記は良く覗くのですが、こっち覗いてなかったなぁとフト思って)

で、読んで…泣きました。
周りにお客さんいるから、隠すのが大変だったぁ(汗)

前々からずっと思ってましたが、愛情量がハンパない。
すごいなぁ~


心があったかくなりました。


コメントを閉じる▲


事後報告
■今日、謎な車を見た。
ウインカーが「事後報告」なのだ。
つまり、私の前に割り込んできて―――――割り込んで来・て・か・ら・ウインカーが上がるのだ。
いかん下手くそさんが前にきた、危ない…と思い隣の車線に移ったら、
そいつも私についてきて一緒に車線変更する。
それは自由なのだが、とにかく、ウインカーが事後報告なのだ!!!!!
入ってきてから「そっち入りましたよ」と報告するのだよ、見りゃ分かるわ!!!!

イライラしながら、それを三車線の道路の一番左から一番右まで三回やって、
ついに笑ってしまって、追い抜きました。
どこに行くんだろうあの車…
どこまで行こうと勝手だが、きっと地の果てまでウインカーは事後報告なんだろうな(笑)

……しかしなんで事後報告!?

【2012/03/06 22:48】 | 未分類 |


そうはいくか。
■「スマートホンで答えてたまる、ポイントなんちゃら~」
が、
「スマートホンで答えてたまるか」
に見えた(笑)

どんな高飛車なアンケートだ(笑)

【2012/01/28 20:15】 | 未分類 |


初めての、みかんの木
■うちの庭には、みかんの木がある。

20120123-1

はい、色々言いたいこともあるでしょうが、繰り返し言おう、
うちの庭には、みかんの木があるのだ、サイズに問題はあるが。


■うちは引っ越し家族で、記憶にあるだけでも私は今までに
7軒の家に住んできたわけだが(記憶にない分はもう知らん)
一度もみかんの木がある家には住んだことがなかった。
母は昔からみかんが大好きで、庭にみかんの木があるおうちを見るたびに羨ましがり、
「うちにみかんの木があったなら」と毎年嘆いていた。
私も、借りていた駐車場にみかんの木があったときなど、木から落ちてしまったみかんを見つけると
大喜びで拾って持って帰っていた。
さすがに、木からもぎ取ることはしなかったが、落ちているモンくらいもらってもいいだろう、あんなにあるのだから……と思って躊躇はなかった。
スーパーに売っているみかんではダメなのだ。
庭に、ほっといてもあんなになっちゃう、その素晴らしさに価値があった。
そんなこんなで、「庭にみかんの木」は、長年我が家の夢だったのだ。


■というわけで、マイホーム購入後、すぐにみかんの木の苗は我が家にやってきた。

20120123-2

それにしたって「木」である。
桃栗が何年だか知らないがミカンだって木になるには結構な年月が必要だろう。
母のご存命中に実がなるか、結構本気で心配していたのだが、
なんと、この腰丈のみかんの木に、実がついたのである。

20120123-3

20120123-4

小籠包ほどの大きさではあるが、たしかに実がついている。
これは2011年6月の写真で、母が言うには、ここまでのサイズになるまでに
成長しきらなかった実はいくつか落ちてしまったのだそうだ。

2011年8月には結構な大きさになり、

20120123-5

あれよあれよといううちに色づき始め、

20120123-6

向かいのお宅の立派なみかんと同じような成長を遂げた。
20120123-7

写真で分かるように、お向かいのみかんの木は豊作だが
うちのは6個しかないので、ちょっとかわいそうなのだ。

でも、世界中のどこのみかんの木より、かわいいよ!

ちなみにこれが、最新写真↓12月28日のです。

20121023-8

毎回どうしてもお向かいのみかんの木が背景に入ってしまうのだが
よいのだ、うちのみかんも立派なのだ!

6個しかないからね。
他の木みたいに、風が吹いて実が落ちたら、
泣いてしまうよ私は。(TmT)

【2012/01/23 08:58】 | SweetHome |


前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。